自治体のツボ

地方分権ってどうでもいいことなんでしょうか

地方自治・地方行財政・地方創生…地方のあれこれを取り上げます

台風19号が鉄路に残した深刻な爪痕

台風19号、河川の氾濫やタワーマンションに注目が集まっているが、もっと鉄道の悲惨な実態についても目を向けてもらいたい。鉄道ファンのひとりとして願う。

鉄路はいちど水没したり、土石流とともに流されたりすると、非常に復旧が困難だ。もともと採算がよいわけではない。人口減が加速する中、新たな投資に見合うリターンがあるかというと、なかなか。

今回被災した鉄道を一覧にしてみた。かなり多い。生活に欠かせないインフラだから、JRも民鉄も自治体もそれなりに頑張るだろうが、限界と判断されることもあるかもしれない。心配だ。

▼北陸新幹線/車両センターの浸水と一部不通区間の発生で東京・金沢直通運転を停止。25日再開へ
▼三陸鉄道/一部区間が不通に。現在は釜石・宮古間で代行バスを運行
▼阿武隈急行/梁川・槻木間で運休。お客様救済バスを走らせるも復旧のめど見えず
▼東武鉄道/橋梁に甚大な被害。日光線は25日復旧も、佐野線は25日以降も運転再開のめどたたず
▼箱根登山鉄道/運休。箱根湯本ー強羅間で代行バスを運行。営業開始100年で大変な被害に
▼上田電鉄/別所線で鉄橋が崩落。復旧に「一年以上要す可能性」との報道
▼しなの鉄道/上田・田中間で線路上空の橋が崩落、復旧まで相当期間を要する見込み

こうして並べるとみると、やはり営業面で苦戦しているところが多い。泣きっ面にはちという感じだろう。公共インフラの整備として公的支援を入れなければ難しいだろう。

東日本大震災のとき、残念だが、三陸鉄道はBRTで行くしかないだろうと思った。だが、鉄道は雪に強い、時間が正確、輸送量が大きいといった長所から、地元に本当に頼りにされていたのを知った。

三陸や阿武隈、箱根は運休区間が長いだけに、解消まで長く時間がかかるようだと厳しい。鉄路再生についても、もう少し議論が深まるといい。


20140713_070818

公立病院の統廃合、地方の怒りは筋違い

厚生労働省が9月にすごいリストを出した。再編・統合を検討したほうがいいかもしれない424の公立・公的病院リストである。これはよく出したなぁと思う。ところが、地方は反発・難色→厚労省は平謝り。それは、ちょっと違うのでは。

地域医療への不安をあおった、民間病院がないから不公平、基準が機械的すぎる、公表が唐突。。。反対の理由を挙げればいくらでもでるだろう。だが、一定の基準のもとに問題ありと明確に示した厚労省、珍しくとてもいい仕事をしたのではないだろうか。

こんなの出したら、「うちの県はどこが対象になってるんだべか」と誰でも思う。ものすごく注目される。そこに意味がある。いつまでたっても進まない議論を前に進めるには、こういうショック療法というか、目を覚まさせる材料が必要なんだと思う。

ボールは国ではなくて、地方に投げられたと解釈すべきなのではないか。地方が国ばっかりみて、次どうするの?と答えをもらおうとばかりするから、地域医療は財政も健全化しないし、ベッドの数も減っていかない。国にも当然問題はあるが、ここは地方が議論をし始める起点にすべきではないか。

人口減で病院の数も減らさざるを得ない。見取りは家で、が基本形になる。もちろん高度医療が必要な病気はある。そこはひとつの地域内でどこの病院がどう対応していくのか決めればいい。要は一つの地域でどの病院がどんな役割を担うかという分担を、地域ごとに明確にしないといけないということだ。

地域で議論した結果、「国の指摘の通り」で地域がまとまるなら公立病院もなくしてしまえばよい。いや、待て、ここなくしたら民間ないから駄目だ、残そう。ということなら、どんなにお金がかかっても存続させないといけない。一般財源を手当てして最優先でやればいい。

地方紙の報道をネットでみていると、知事や市長が散々国に文句を言っているそうだが、私はこう問いたい。あなたたちがリーダシップをとって地域医療の具体像を地域の医療関係者、住民と練るときなのではないですか。医療費抑制、適正医療、医師偏在へ、問われているのは首長さんですよ。
IMG_20190601_132341

対口支援とは? なぜ自治体がロシアを応援するの

昨日、不勉強で誠に申し訳ないのですが、初めて知った言葉がありました。

「対口支援」。台風に関する記事を検索していたら、出てきました。

なんで、被災しているのに、ロシアの支援にいくの? プーチン氏になにか借りがあるの?

なんと! 「たいこう」支援と読むのか! 対ロシア支援ではないのね。

知らなかった。調べよう。

中国四川地震のときに使われた仕組みだそうで、「対口」は中国語なんだとか。

中国語で「ぴったりあう」の意味だそう。へえ~。

日本は2018年度から制度化されている。そうなんだ。

国の財政支援はあるんだろうか。ありそうだな。

カウンターパート方式というそうだ。なんだ、それは知ってる。

台風19号ではわりとがっつり対口支援を進めたそうだ。

被災地域と非・被災地域の差が大きければ大きいほど、やりやすいだろう。今回もそうだ。

手慣れた自治体職員の存在は被災直後、非常にありがたい。

神奈川県では自衛隊による迅速な水の供給を断ったそうで、行政がいつも頼りになるわけではないが。

日ごろからペアの自治体として協調行動をとれているとなおいいのではないか。

「対ロ」と間違えやすいから名前は「カウンターパート方式」のほうがいいと思うけど。

IMG20190821160028

日本人受賞なかったノーベル経済学賞

またしても日本人はノーベル経済学賞に届かなかった。やはり未踏の領域だから、日本人にはとってほしい。全米の学会での活躍が評価の対象になるとか、人選がおかしいとか、批判はあろうが、やはり日本人の受賞者が皆無ということは、人類の発展のためになる研究を日本人の経済学者はしていないということになる。これは残念なことだ。

経済学は、世のため、人のためにならないとだめだ。貧困を解決するにはどうするか、を考えた学者が今年の受賞者だった。インド出身者がふたりも受賞したのに、日本人にはいないのか。世界の分断、世代の格差、貧困の広がり。そのあたりの目配りが日本人にできないとは思えない。日本だって、同じ悩みを抱えているんだから。

全く日本人が蚊帳の外というのはおかしい。唯一名前のあがる清滝先生は金融危機を研究されたそうだ。それも人類の生活の発展には欠かせないことだ。日本での社会保障の研究は世界に通用しないのか。日本での格差分析は世界のためにならないのか。日本での自治体研究は世界の人の暮らしに役立たないのか。

日本人にだけ受けようとするから、だめなんだろうか。政権に取り込まれようとか、本売ろうとか思っているうちはだめだろうが。正面から世界の貧困に向き合う、世界経済の行く末に刺激を与える。中国のためになる経済政策を提案する学者がいれば、それも世のため人のため。低成長の先進国の暮らし、働き、企業でユニークなアイデアを出せれば、世のため人のためになるはずだ。

メディアは受賞者そっちのけで「日本人、受賞せず」と報道するが、こと経済学賞に限ってはそれでいいと思う。とったことないんだから。日本の経済学者なんてゴマンといて、だれも届かない。世界の人々の暮らしがよくなるようにと考え続ける人がいれば評価されるはずだ。日本人の受賞ゼロ。なんとかしないといけないのではないか。頑張ってほしい。
IMG20190928114030

記憶にございません!〜「悪徳黒田総理」の活躍こそ見たかった

三谷幸喜監督作品。おもしろかったー。総理を招待しちゃう映画だから、風刺とか皮肉とかはあんまりないんだろうなあと思っていた。まあ、ホテルでも法廷でも官邸でも、なんとなく今まで触ったことのないところでシチュエーションコメディを作るというのが真骨頂。有名タレントの芸達者ぶりを味わう。内容に目くじらたててもしようがない。クスクス笑えたから、それでよいです。

ただひとつ気になったのは支持率にこだわっていたところ。2.3%という、史上最悪の総理とのことである。たびたび支持率に触れる。いまの官邸に通じるものがあるのだろうか。支持率は本来気にしても仕方のないことで、しっかりした政策をやっているかどうかで、数字は上がり下がりする。映画なので、わかりやすく国民の人気と直結させていたように思う。

ちょっと正直になったぐらいではさほど上がらないんだな、と総理が述懐する場面があった。やるべきことをやって支持を得ていこうというのなら、よいのだが、支持率のための政治になると、やはり国民迎合的な感じになる。映画でも好感度大事みたいな描かれ方ではあった。これって、ポピュリズムなんだろうか。

いい人になる前はバンバン消費税あげて大企業優遇の政治をやっていたようだ。官房長官役にはいみじくも、政治家の飲む水は汚くても、国民に洪水で汚い水に浸からせるよりマシみたいなことを言わせていた。どうも、この官房長官があまり悪役にみえない。政治が安定し、国民生活が安定し、自分の政治家生命が長けりゃよし。なんとなく、田沼政治的な。

賄賂や汚職はだめだけど、イマイチ官房長官の悪さの描き方が足りず、むしろ、総理のいい人ぶりが頼りなく、軽く、薄く感じてしまった。政治にかける迫力というなら、逆に暴言はきまくり、不倫し放題、国民受けの悪い政策遂行という、悪徳総理の行く末こそ見たかった気がする。女性の野党党首から権力欲むき出しでない男なんて、と三行半を突きつけられたが、私もそう思う。

予想通りのハッピーエンドで、それはそれで楽しめたのだけど、個人的には白い巨塔の政治版という描き方のほうがぐっときたんじゃないかなあ、と思う。もし空想の悪徳総理を描くなら、北朝鮮トップとの謀略戦、国民受けを一切気にしない行政運営、自分のためにこき使う官僚操縦、冷酷なまでの政敵追い落とし、そんなところを映像にしてほしかったなあ。シミュレーションとして。たぶん、それは記憶喪失になる前の黒田総理?記憶喪失になったところで、終わればよかったのに。

実は三谷監督はそこまで読まれることを、狙っているんじゃないだろうか。黒田総理の悪い人バージョンこそ、日本に必要なリーダーなんですよ、と。国を売っているように見えて国を栄えさせてるんですよと。小学校の恩師に悪徳時代の姿をほめさせていたし。そっちのが政治家としてやるべきことではないのか、と問うていたのではないだろうか。微温的総理に実はNOを突きつけた、とすれば、すごい映画だなあ…と。

料理人にフライパンで殴られたところで、また悪者に戻ればよかったのにね。深読みしすぎ、ですね。
IMG20191014153214
ギャラリー
  • 台風19号が鉄路に残した深刻な爪痕
  • 公立病院の統廃合、地方の怒りは筋違い
  • 対口支援とは? なぜ自治体がロシアを応援するの
  • 日本人受賞なかったノーベル経済学賞
  • 記憶にございません!〜「悪徳黒田総理」の活躍こそ見たかった
  • いでよ、VRを使いこなしちゃう自治体
  • 台風19号の教訓を考える
  • 紛糾カジノ、マカオの体験から考えれば・・・
  • 読書感想文~~地域をまわって考えたこと