ちょっとばかにしてんじゃないだろうか。大阪維新の会だ。知事と市長を引っくり返して、選挙するのだという。大阪都構想は十分傾聴に値する政策といいたいが、この選挙手法はいかがなものか。橋下時代もやった。法にも触れず、勝てると踏んでるから、やるんだろう。

知事と市長は仕事の中身が違うのだ。どっちがえらいということはない。格的には知事のほうが厚遇されよう。ただ法の裏付けはない。仕事はだいぶちがう。基礎的な住民サービスの提供が市長の仕事であり、圏域全体の発展に目を配るのが知事の仕事だ。

だから、候補者を取り替えて、新たな任期で都構想を実現するというのは、どっちもやること一緒だから、政治家が当選すればなんでもすくできる、というようなものだ。真面目に日々の行政にあたってる職員はどう思うのか。都になればいいのか。

なんか弄ばれてるな、大阪。真面目に政策を議論したらよいのに、伝わってくるのは政局ばかり。こういう地方の枠組みをかえる大改革だからこそ、実現への方法論ではなく、中身の議論を表に出してほしい。住民投票で一度否決された重みもない。選挙て選ばれたもん勝ち、知事も市長も大差ない。そんなことでいいのだろうか。都になれば、もっと知事と区市長の関係づくり、役割分担が大事になるのだと思うが。
IMG_20180909_122937