ひっさびさに映画館で映画鑑賞。見ておきたかった「Fukushima50」に行ってきました。平日都心の館内、密にあらず。快適に見れました。面白かった。

50を全面に出しているから感動ドラマ。ケン渡辺はさすがだし、佐藤浩市の男臭い演技も堪能した。津波や爆発は映画らしい迫力があってよかった。

が、どうしてものめり込んで泣くとはいかない。無能な東電、無責任な経産省、無力な官邸と、人為的なミスに憤りを禁じ得ないから。

このあたりのだめなトライアングルは「太陽の蓋」のほうが皮肉っぽく、こちらはやや抑えめ。佐野史郎の総理はそっくりだが。

映画でも触れていたが、2号基がなぜ爆発しなかったかがわからないのもモヤモヤを残す。奇跡が起きたと結論づけてはいけない何かがあると思う。

想定外は起こりうる。それが原発事故の教訓だろう。吉田所長の手紙に語らせた「人間の慢心」。自然を甘く見た慢心。そこを肝に銘じねば。

東日本大震災に関連するものはできるだけ触れたいが、さぁ泣いてと言われても泣けない。ルポやドキュメンタリーをじっと見る方がいいかもしれない。

にしても、9年たってもまだ日本人にはやり残しの宿題があるように思えてならない。新しい地平も拓けていないし、過去にけりもつけられていない。

なんとなく過ぎてしまう時間。そしてなんとなく癒やされてしまう。コロナ危機もそうやってなんとなく消化されていくのだろうか。
IMG20200629154247