今回の都知事選の結果、見れば見るほど醜悪ではないか。開票終了の得票数を眺めてみる。

いくら現職が強いとはいえ、過去2番目の得票で圧勝。都民はおしなべて都政を評価し、異論がないということになる。

上位に食い込んだ4人、まるで勝負になっていない。4人足しても210万票。小池さんの足元にも及ばない。こんなのは対抗馬と呼ばない。

最多の出馬というが、5万票以下が17人。売名にもならず。何の影響力もない。泡沫も泡沫。都民もソッポを向くほどの主張しかできていない。

真面目に投票所に行った人、行かなかった人。投票率は55%。前回より落ちた。ネットはかなり高い関心を寄せていたのに。うーん、なんなんだろ。

世界は分断の最中にある。政治は国民の難しい要求に直面し、露骨な現世利益を期待されている。

翻って日本。一極に人気が集まる。この同質さ。分断されていないのを良しとするのか。

政治が多様な利益をすくいとれていないのか、多様なニーズがないのか。健全な野党がない。

現職NOがすべてではないし、与党勢力だけが悪いわけでもない。

しかし、この世界とかけ離れた同質さは何なのか。
世界と日本を比べた政治論が必要な気がする。