お盆の帰省問題。これは見事に知事の判断が割れてしまった。あんまりよくない。緩やかでいいから、知事会としての見解を示すべきだったのでは。でも、受け取り方は難しい。

「コロナ感染が怖いから来ないで」。「感染に気をつけているなら来て大丈夫」。これは惑う。来るなといわれるとわかりやすいから、やめとこうとなる。今年はこういう状況だもんね、と。

「気をつけて」は迷う。行っても良さそうだな、行っちゃうか。気をつければいいんだからな。4人でメシ食うだけだしな。少し地元にカネ落とすか。こうなると、感染リスクは高まる。

容認派の知事は何人いるんだろう。ローカルニュースから確認できたのは、青森、栃木、滋賀、和歌山、大阪、兵庫、大分。このあたりは大丈夫そう。発言になんの問題もないが、リスクは高まるか。

尾身先生も慎重にとは言ったが、やめろとまでは言っていない。政府がどちらかに強制するのも難しいだろう。閣僚でも首長でも有識者でも、誰の発言のせいにせず、個人が判断するしかない。
IMG20200807115241