山梨県が全国でも最も広範で厳しい太陽光パネルの設置規制条例を作るという。環境を破壊してまで備えるものではないと見ているようだ。

各種記事を見ると、山梨県は発電量が全国トップクラスだそう。山あいの印象だが、それなりに広い土地もあるのか。九州勢が強いイメージもあるが。

どれが信頼できるデータかよくわからないが、普及率は佐賀とか宮崎がトップのよう。設置件数では愛知。発電量は山梨、長野といったあたりか。

個人的に引っかかったのは、なんで都道府県比較ができるデータがネットで探せないのかという点。古いものばかりで、網羅的に現状を把握できない。

基礎データがうまく見つからないところを見ると、太陽光の勢いはだいぶ失われたといえる。あまり関心もないからデータも揃わない

規制の強化が進むのもむべなるかな。景観とマッチしないというところもあるだろう。田んぼの中のパネルは相当醜悪だ。

経産省もよほどいい加減だから、煽るだけ煽って、問題や課題が出てくるといきなり手を引く。それがデータのなさに表れていないか。

これからはすべての住戸に必置なんてことにならないだろう。やるなら国と事業者の意思が問われるが、規制する自治体の主張のほうが説得力がある。

原発しかり、太陽光しかり。きちんと必要性と戦略を説明できないものは、推進体制も整わない。日本は熱しやすく冷めやすい。これては温暖化対策の実も上がるまい。
IMG20210402131619