菅首相が近く原発事故処理水の海洋放出を決めるそうである。個人的には理解する。海外でもやっていることであり、日本だけの判断ではない。

が、しかし。このタイミングがいやだ。震災10年の盛り上がりを避け、メディアの報道が沈静するのを待っていたかのよう。

五輪にもまだ100日あり、いま決めちゃえば、海外からの批判も弱い。韓国与党も失速。衆院選・都議選も先。頃合いとしてはばっちりなんだろう。

だが、そんな政治的な打算で決めることなんだろうか。誠意が見えない。政治的な問題であればこそ、誠意を尽くす必要があったのではないか。

結局、漁協を踏み潰すだけ。去年の秋から今まで、意図的な沈黙をして、さぁ言うこと聞け、ではあまりに切ない。だまし討ちに近づいてしまった。

10年の盛り上がりがあるうちに俎上に載せて、地元と膝詰め談判する。政府として責任を引き受ける姿勢を見せれば、さすが菅さん、となったはず。

誰もそう思っていない。こんなやり方をするから、原発の信頼は高まらない。政府への不信も解けない。沖縄問題しかり。

ブルドーザーで壊して、地面ならすようなやり方ばかりでがっかりする。行政は手間暇かけないのか。後味が悪いだけだ。
IMG20210409191758