11日投開票された北関東の2つの市長選に注目してみた。多選の現職が出るとあって、密かに見守っていたが、明暗を分けた。

ひとつは佐野市長選。82歳の現職最高齢市長に元県議ら3人が挑んだ。下野新聞電子号外によると、候補全員が自民党系とある。

結果は現職5選ならず。健康で元気いっぱいアピールも浸透しなかった。ダブルスコアなので新人圧勝といえる。投票率は55%ながら、新市発足後最低に。

もう一つは群馬県太田市。有名な清水市長はらくらく完勝。通算で8回目の当選で、全国最多選市長となった。

投票率は29%。前回から12ポイントも落ちた。現職が新人ふたりを退けたわけだが、盛り上がりを欠いた選挙戦だったといえる。

両市長選、注目すべきは投票率だろう。過去最低という点で共通する。コロナで外出を避けたか、選挙そのものへの関心が薄れたか。

太田市も佐野市もトップは誰でもいいんじゃないという空気があるのだとすると、由々しい。この結果で市政に緊張感は出るだろうか。

誰が勝っても、ある程度の投票率がないと、ちょっと心配。当選した2市長は気を引き締めてカジをとってほしい。
IMG20210412110506