自治体のツボ

地方分権ってどうでもいいことなんでしょうか

地方自治・地方行財政・地方創生…地方のあれこれを取り上げます

地方と国政

目に余る都知事選得票結果

今回の都知事選の結果、見れば見るほど醜悪ではないか。開票終了の得票数を眺めてみる。

いくら現職が強いとはいえ、過去2番目の得票で圧勝。都民はおしなべて都政を評価し、異論がないということになる。

上位に食い込んだ4人、まるで勝負になっていない。4人足しても210万票。小池さんの足元にも及ばない。こんなのは対抗馬と呼ばない。

最多の出馬というが、5万票以下が17人。売名にもならず。何の影響力もない。泡沫も泡沫。都民もソッポを向くほどの主張しかできていない。

真面目に投票所に行った人、行かなかった人。投票率は55%。前回より落ちた。ネットはかなり高い関心を寄せていたのに。うーん、なんなんだろ。

世界は分断の最中にある。政治は国民の難しい要求に直面し、露骨な現世利益を期待されている。

翻って日本。一極に人気が集まる。この同質さ。分断されていないのを良しとするのか。

政治が多様な利益をすくいとれていないのか、多様なニーズがないのか。健全な野党がない。

現職NOがすべてではないし、与党勢力だけが悪いわけでもない。

しかし、この世界とかけ離れた同質さは何なのか。
世界と日本を比べた政治論が必要な気がする。

都知事選、現職圧勝に透ける思考停止

しかし、早いなあ、あっという間に当選確実。東京都知事に小池百合子氏が再選された。これは何なんだろう。ネットの事前予想ではだいぶ反対票が出そうということではなかったのか。圧勝らしい。

投票率が低い。現職への反対があれば、投票率は高くなるはずだから、異論は少ないということになる。結果を見る限り、都民は都政の継続を望んだということになろう。

反小池勢力もこれだけ完膚なきまでに叩きのめされれば、考えを改めるべきではないか。NHKの報道をみていると、2位から5位までが束になっても小池氏に勝てない。誰も支持していないのだ。

これは候補者調整や戦術の問題というレベルではなく、全く主張が浸透していないということだ。都政、都知事には不満がないという意味だ。翼賛体制的といってもいいのかもしれない。

あんまり健全な結果には見えない。今回の都知事選は小池氏うんぬんより、政策論争が見えなかった。辛うじて山本太郎氏の主張がネットで目についたぐらい。小池氏も前面に出ず、論戦はゼロ。

小池都政の評価、五輪の進め方、コロナ対策の拡充、子育て環境の整備、高齢化への対応、首都の成長戦略。論点は多かったはずだが、どれも素通りされ、現職に白紙委任したような感じだ。

東京の行方は日本の先行きを左右すると思うが、あまり深く考えられていないという感じがする。マスコミ報道もコロナで自粛したかのよう。その忖度、あとで問題にならないか。
IMG20200705120429

ふるさと納税判決、地方税制再考のとき

前回、でも、と書いた、その続き。総務省と泉佐野市の間の争いは解消されたのかもしれないが、最高裁の補足意見でも触れられていた、立法段階での甘さが残した禍根。そこはどうするべきか。

自治体間の税配分が不公平になった点。大都市部から地方への財政移転は悪くないが、果たしてふるさと納税は行政サービスの対価なのかどうか。単にお金を移すだけなら、大都市自治体は行政需要に応えられなくなってしまう。

存在が急に大きくなったからやむを得ないが、本来ふるさと納税で税配分の都市への偏りを是正するのはおかしい。仕送りといえばカッコイイが、納税者の負担を軽くして、しかも地方を富ませるなんて、うまく行くはずがない。どこかに歪みが出る。

そもそも人口減で縮む日本で、均等にお金を使うという発想が時代遅れ。縮んだ地域は何かを捨てたり、たたんだりすべきだ。地方はサービスの返上があってしかるべきではないか。そこまで劇的でなくとも、大都市自治体と同じお金の使い方でよいか、考え直す時期に来ている。

高度成長期の名残で、都市と地方のアンバランスをただす議論は見直しがいるように思う。高齢化の需要があるというのならいいが、インフラ更新と言われても、、、

ふるさと納税は割り切って、国公認の自治体通販にする。都市と地方の税配分は別途見直す。そうしたほうが税制の歪みもなくなり、すっきりする。見た目の器がキレイでも、肝心の料理があんまり美味しくない。いまのふるさと納税はそんな感じがする。
IMG20200705092442

見事に国と地方を仲裁した最高裁判決

亡くなった桂枝雀が演じた「胴乱の幸助」を録画して、長く見ていた時期があった。喧嘩の仲裁をするのが大好きなおっさんで、仲直りを見届けたら、喧嘩していた当人たちに一杯呑ませるという。まちのうるさ型の一席。

今回のふるさと納税を巡る争いで、この爆笑枝雀落語を思い出した。最高裁が幸助の役を買って出て、なんだか、うまくまとめたのではないか、という気がしてきた。「まてーい、まてーい」

高市総務相は3日、優遇措置から除外していた3市町を復帰させると明言。最高裁判決を「重く受け止める」とした。まあ、最初からこんな強権を発動しなかったらよかったのに、と思わなくもない。ブレーキはかけるべきだったと思うが。

一方、千代松泉佐野市長も神妙な様子。「法令を順守したうえでの返礼品をラインナップする」と語ったそうだ。地元企業とも組み、地場産品をアピールするという。これなら、趣旨にかなうのではないか。独自色の発揮の仕方をただしてほしい。 

1年にもわたる遠回りだったが、最高裁判決は国にお灸をすえ、自治体も諌めた。名裁きということになるのだろうか。これで、泉佐野の納税額が伸びていけば、まさに雨降って地固まる、といえそうだ。

落語の幸助はだいぶそそっかしい。単におごらされただけだったり、義太夫節を諍いと勘違いしたり。犬の喧嘩まで仲裁するとか。司法の判決にもトンデモ事例はあるそうだが、ふるさと納税に関してはひとまずよかったということか。でも。。。

首長3人辞めた広島の地方政治

広島といえば、仁義なき戦い。力とカネが物言う世界。その精神は現代にも受け継がれたのか。

票をカネで売り買いする広島。眉を顰めざるを得ない。広島県人は恥ずかしくないのだろうか。

県内の首長が3人も一挙に辞職するなんてこと、ちょっと記憶にない。

ゼネコン汚職事件では、宮城県知事、仙台市長、茨城県知事が逮捕された。これ以来か?

国政レベル、県政界レベルでモノが語られているが、自治体レベルでも是非が議論されてもいい。

首長は在任中、党派色を薄められないものか。少なくとも国政選挙とは一線を画すべきだろう。

時の政権とは等距離を保ってくれないと、政策が偏って仕方がない。汚職も起きる。

自民系市長だから自民党に頼るのでなく、首長は幅広く意見を集約して判断する人であってほしい。

国会議員も首長も選挙を経た政治家同士、なんていうが、本質は違うはずだ。

実際は首長選で応援してくれたというしがらみがモノを言うんだろうか。

ああ、地方政界。ミニ国政なんてやめてくれ。みみっちいこと、してくれるな。
IMG20200701161808

ふるさと納税、政府批判で終わらせるな

ふるさと納税を巡る総務省と泉佐野市の争い。最高裁は国敗訴という結論を出した。意に沿わない自治体を強引に従わせようとした国の強権ぶりにダメ出しした格好だ。

これは泉佐野市がエスカレートしていたとしても、新たに作った基準を盾に、過去の問題行為をあげつらうのは行き過ぎであると指摘したものだ。処罰ありきの国の姿勢を問題視したことになる。

私は国の手法はややズルいと思いつつ、逸脱した自治体への歯止めは必要だと考えていた。いったんアウトにしても、再開できる調整も必要と思った。最高裁で法定主義に即して白黒ついたのはよかった。

ただ泉佐野市が勝訴と喜んでいる姿には違和感を覚えた。最高裁も目に余る部分ありと指摘している。ここは謙虚に受け入れるべきだ。自治というのは何でも有りではない。抑制あってこその自由だ。

何となくもやったとしたが、さすが最高裁。7月1日、判決をよく読むと、ふたりの裁判官の補足意見があった。宮崎裕子裁判官は制度設計での目配りの悪さを指摘し、林景一裁判官は泉佐野を諌めた。

弁護士出身の宮崎氏は税の趣旨と寄付行為の特徴との整理ができていないと指摘する。寄付金なら返礼品も構わないが、税となると対価はおかしい。自治体間の税配分の公平も損なったと喝破する。

林氏は外務省OBの元官房副長官補。判決に居心地の悪さを覚えたとし、泉佐野の姿勢は眉をひそめたとする。だとしても、この間の総務省の運びに疑問を呈さざるを得ず、と示唆している。

この2意見は私個人の違和感を解消してくれた。ぜひ多くの人に読んでもらいたい。国敗訴で「だから安倍政権は」とか簡単に言うべきではない。国会の審議する力、自治体の分権に取り組む姿勢、政府の横暴。最高裁は多くの問題をあぶりだしてくれた。
IMG20200701170926

イージス白紙、どこも悪くない

イージス・アショアの配備計画が白紙になった。その後の報道によると、撤回されるそうだ。河野防衛相の独断ではないか、今までの説明は何だったのかと、防衛行政への批判が集まっている。

私見を述べれば、防衛相の判断に問題はないと思う。様々な不備があり、一度決めた政策を見直すことのどこが悪いのか。立ち止まらないことには、おかしなまんま進んでしまう。

国政の流れを一度止めるというのは、そう簡単なことではない。予算も絡む。党への説明がないとか、過去の経緯を踏まえていないというが、おかしいと思えば止める。

この先、さらに突っ込んで議論してもらいたい。やっぱり推進しようとなっても構わない。政府内、国会、国と地方、日米でのきちんとした議論があれば。

だが、これまでのずさんな説明への批判は甘んじて受けねばなるまい。居眠り官僚、でたらめ資料。地方をばかにするな。カネ落とすからいいだろう、安保は国の専権だとのおごりがあったんじゃないか。

もともとこんなシステム、うまくいくのかとは誰でも思うところ。精度と費用対効果は徹底追求してほしかった。米国が言うんだから聞くしかないという思考停止はなかったか。

秋田県も山口県もここが重要だ。国との話し合いにしっかり取り組んでほしい。意見や注文をしっかりつけてほしい。納得いくまで議論し、地元をまとめる。国の政策にきちんと絡む姿勢を見せつけてほしい。
IMG20200616230633

なんとかシティ、またできますの

コンパクトシティ、エコシティ、スマートシティ。都市開発の手法は次々に生み出されるが、どれも効果をあげている地域はわずか。そこへきて、スーパーシティを推進するとかいう法律ができた。

また国から地方にお金をばらまく仕組みができたのか。地域の困り事をAIやビッグデータを活用して解決、まるごと未来都市、ありたき未来の生活を実現、なんて言われても、グッとこない。

海外でもITを取り込んだ最先端都市づくりが急速に広がっているとか。だから日本もといっても、国内にそんないいものがいくつもできるのか?マイナンバー一つうまく整備できない国で。むり。

こういうのはまず課題が地域にあって、そこをどうするかを考えるところからスタートすべきで、国でメニュー作ったから、これに即して検討してみて、というやり方は絶対にうまくいかない。逆。

やはりトヨタのウーブンシティのような土台があって、うまく行かないところを国が助けるというつくりにしないと、使い勝手のよい街なんてできない。住民、民間企業の発想がベースにないと。

もうひとつ、このスーパーシティには、個人の行動記録や情報が少数の企業や国に集中する監視社会化への懸念も取り沙汰された。データ社会のハードルだ。国のお仕着せではそういう不安も出るだろう。

なんとかシティ。国は大好きだが、全国一律であちこちにつくろうというのが、とにかくだめ。無駄金を垂れ流し、誰も使わぬ街ができる。やめたほうがいい。
IMG20200617185035

現金ばらまき疑惑、地方政界も猛省を

国会が閉幕したのを受け、河井議員夫婦が逮捕された。検察庁法改正案も成立せず、官邸の思惑通りに検察を止められなかったということか。

克行氏は100人ほどに計2千万円を配ったと報じられている。相手は首長、県議、市議。安芸太田町長はすでに辞職した。

なんとも嘆かわしい。地方政界の呆れた実態である。机の上にぽんとお金を置かれたら受け取るんだなあ。政治家こそ身を正さないといけないのに。

やはり票をカネで買う金権政治が当たり前になっているのだと思わざるを得ない。候補者本位、政策本位ではない。投票率が低ければさらに有利だろう。

政治への信頼ということをこの人たちは全く考えていない。政治は清浄化する機能を失い自壊しつつある。政治は国民のレベルを表しているのか。

なんのために、誰のために政治はあるのだろう。国と地方、こんなときだけ一体化してどうする。地方政界はまたなんのためにあるんだろう。
IMG20200616134132

不幸な特別定額給付金、ありがたく申請

特別定額給付金の申請書類、届きました!やっと。そこて我が家は迅速対応。選んだのは、もちろん郵送申請。これが早くて安心。

思えば、自分がいちばん安全と思うやり方を選べればいいので、郵送かオンラインかの選択肢を作っておいてくれれば、好きな方を選ぶ。ありがとう。

手間暇でいえば、免許証と通帳の写しを用意したので、それは手間。でも、さほどの手間と感じず。マイナンバーの手続きで行列することを考えたら。

申請に選択肢があるので、むしろ手厚いといってもいいのかもしれない。もともと日本は郵便サービスもしっかりしている(はず)。

しかし、行政機関たるもの、選択肢として用意した以上、オンライン申請で不具合を起こしてはイケナイ。国も自治体も。

とにかく遅いし。もう第1波終わりかけ。給付金の意味合いは海外だと「いまの苦境を耐えてね」だが、日本だと「第2波に備えてね」となってる。

せっかくの国からのいただきものなのに、なんだかあんまり喜ばれない不幸な給付金。国もイヤイヤ配ったようにみえるし。やはり使いみちは貯金か。
IMG20200616230317
ギャラリー
  • 都知事選、現職圧勝に透ける思考停止
  • ふるさと納税判決、地方税制再考のとき
  • 首長3人辞めた広島の地方政治
  • ふるさと納税、政府批判で終わらせるな
  • 映画感想文「Fukushima50」
  • 読書感想文「未来の地図帳」
  • 自治体こそ銀行を選別せよ
  • 読書感想文「日本史の内幕」
  • お笑い都知事選、選挙公報の無駄遣い