自治体のツボ

地方分権ってどうでもいいことなんでしょうか

地方自治・地方行財政・地方創生…地方のあれこれを取り上げます

読書感想文

映画感想文「Fukushima50」

ひっさびさに映画館で映画鑑賞。見ておきたかった「Fukushima50」に行ってきました。平日都心の館内、密にあらず。快適に見れました。面白かった。

50を全面に出しているから感動ドラマ。ケン渡辺はさすがだし、佐藤の男臭い演技も堪能した。津波や爆発は映画らしい迫力があってよかった。

が、どうしてものめり込んで泣くとはいかない。無能な東電、無責任な経産省、無力な官邸と、人為的なミスに憤りを禁じ得ないから。

このあたりのだめなトライアングルは「太陽の蓋」のほうが皮肉っぽく、こちらはやや抑えめ。佐野史郎の総理はそっくりだが。

映画でも触れていたが、2号基がなぜ爆発しなかったかがわからないのもモヤモヤを残す。奇跡が起きたと結論づけてはいけない何かがあると思う。

想定外は起こりうる。それが原発事故の教訓だろう。吉田所長の手紙に語らせた「人間の慢心」。自然を甘く見た慢心。そこを肝に銘じねば。

東日本大震災に関連するものはできるだけ触れたいが、さぁ泣いてと言われても泣けない。ルポやドキュメンタリーをじっと見る方がいいかもしれない。

にしても、9年たってもまだ日本人にはやり残しの宿題があるように思えてならない。新しい地平も拓けていないし、過去にけりもつけられていない。

なんとなく過ぎてしまう時間。そしてなんとなく癒やされてしまう。コロナ危機もそうやってなんとなく消化されていくのだろうか。
IMG20200629154247

読書感想文「未来の地図帳」

「未来の地図帳」(講談社現代新書)を読んだ。すでに「未来の年表」も読んだが、都道府県の将来はどうなるのか興味深い。人口減少の行く先。気づきをまとめておきたい。

詳細なデータ分析で地域の人口がどのようにどこまで減っていくかよくわかる。では処方箋はあるのか。筆者は自治体の区域に関係なく、生活しやすい、コンパクトな「王国」をつくれという。

ここまできたら、人口減少を前提に暮らしやすく、活力のある地域を作ろうということだろう。全国一律、横並びのまちづくりではなく、地域ごとにコンパクトの意味合いを探る。

縮むまちづくりで競争が起きるといい。高齢者が引っ張るまち、子育て世代ががんばるまち、企業が支えるまち、小売りがセンターにあるまち。色々やり方はあるし、地域ごとに見つけないといけない。

やはり日本の少子化対策は失敗したのだ。平成版生めよ増やせよ運動をやりきらなかったからだ。働き方改革も中途半端。この20年、がむしゃらに取り組まなかったツケなんだろう。

【未来の地図帳からの気づき】
▼自治体の住民税と固定資産税が減る
▼高齢者も便利な中心部に集中する
▼東北の仙台集中も勢いを失う
▼福岡はレディースシティ
▼女性が望むのは第3次産業
▼高齢者は交通機関の乗り降りに時間がかかる
▼医師も自治体職員も議員も足りなくなる
▼学校も少人数になる
▼市区町村も解散する

IMG20200629162746


読書感想文「日本史の内幕」

モテモテの磯田先生。本も読んでみようと思い立ち手にとったのが「日本史の内幕」。読みやすくてあっという間に読んだ。新聞連載のまとめかな。

当ブログでの関心は、歴史はどう地域振興に役立つのかという点。遺跡の意味合いとかゆるキャラの考察とか参考になる。

「家康くん」をくん付けでよべる背景も探り、浜松と静岡の意識の差をあぶり出してる。個人的には築山殿殺害の分析がおもしろかった。

古代史に重要な遺跡を道路が寸断しようとするのを止めたり、先生、なかなか政治的な活動もやられる。頼もしい。

あとは災害史。先生が追うところの庶民の生活史には欠かせないところ。東北と熊本の地震の連動とかもっと知りたい。

歴史分析はいまの地域政策を考えるうえでも重要だ。自治体関係者にはいまとつなげる視点を持ってほしい。古書店の存在意義も知れ有意義だった。

地域の郷土史研究家というのはどこにでもいるものである。自治体はその古老によく話を聞いて、アーカイブを整えるべきだ。

地震や津波で貴重な資料が失われることもあろうし、地域の記憶はまちの財産。そこには金銀以上の価値ある財宝が眠っている。
IMG20200627115338

読書感想文「超成長都市『福岡』の秘密」

札仙広福。三大都市圏に次ぐ存在として日本の成長を支えている4大都市だ。そのなかで、頭一つ抜け出した感があるのが、福岡ではないか。

「超成長都市『福岡』の秘密」を読んでみた。

筆者も指摘しているが、やはりアジアのゲートウェイという地理的・歴史的特性が大きいのではないだろうか。オープンな姿勢が強みになっている。

なんでもやってみる貪欲さが開業率首位という結果を生むのだろう。思うに、福岡を選ぶ人はたぶん福岡じゃなきゃだめということはないんじゃないか。

便利だから福岡、たまたま福岡という人が多いかもしれない。機会があったから福岡。そこが意外に重要かも。機会を提供できていることが重要だ。

他の地域は土地へのこだわりも強い。かえって動きにくい。自由に壁や境を超える。そういう人の集まりが福岡で、それが成功につながるのだろう。

筆者は経産省OB。官の思考にも触れているが、地域では官が民の邪魔をしがちだと思う。特に国は前例や組織に縛られすぎ。

自治体は地域にこだわる人がいるからいい。数年で異動してもその土地からは逃げられない。国は自治体の邪魔もするな。

ほかに学んだのは実証実験と社会実験の違い。仕組みの実装を調べるのが社会実験と。『ボルドー・メトロポール』『九州大学起業部』『SIB』もメモ。
IMG20200620162754

読書感想文「ブルーネス」

コロナ騒動にすっかり巻き込まれ、なんだか他のことを考える余裕を失っていた。自粛を強いられたにもかかわらず、全然本も読めなかったし。久々に東日本大震災のことを考えた。

東日本大震災の前後には関連した書籍を読みたくなる。今回手にとったのは伊与原新さんの「ブルーネス」(文春文庫)。熊谷達也氏の文庫とどっちにしようかなと迷いこちらをチョイス。

文系なので津波監視システムをつくる科学者の奮闘というのはちょっと取っ付きにくく、しばらく積ん読だったのだけど、読み始めたら一気だった。さわやかな読後感。

震災の記憶は生きている人にとっても無力感を感じさせるもので、そこをバネにしてさらにどう前に進むかというのが、生き続ける人の課題だと思う。この作品の登場人物も全員、震災に苦い思いを持つ。

そして、そこから立ち上がっていく姿というのは一本調子にはいかないが、回り道しながら少しずつ前を向くという、その共感できる姿が本作では描かれる。

ハッピーエンドに違和感はあるかもしれないが、震災後の生き方を描いており、個人的には文学の力を感じた。震災を乗り越え、さらに人間の可能性に期待する。それこそ小説の力だと思う。

結構、現実の科学の世界への痛撃にもなっている。研究者は縦割りになりやすい。意外に集合知を作れない。科学もそこを乗り越えないと、なんのための科学かわからなくなる。

いまも津波監視、火山の観測は様々な独創的なチャレンジがなされているということも知った。感染症でも原発でも専門家が専門家なのかよくわからなくなるところがあるが、ぜひ頑張ってほしい。

政治と官僚は「ブルーネス」を読んで、変なブレーキをかけていないか、よく自戒すべきだ。作品に登場した八丈島の総務課長のように、自治体も科学に機敏に応じる。いい本よんだ。
IMG20200616003011

読書感想文「魂でもいいから、そばにいて」

東日本大震災にちなんだ本を読みたいなと思い手にとった。前も見たような気もするが、文庫になってちょうど手頃な感じ。津波で家族を失った人たちの不思議な体験をまとめた珠玉のルポだ。

突然、元気だった近親を失うのは辛い。覚悟ができていないから。だから、こういう形で、ひとりでも多くの人が折り合いをつけて、前を向こうとしているのは立派なことだと思う。

亡くなった子供さんの家庭でNゲージは本当に勝手に動いたんだろうし、お兄さんは妹さんに挨拶に来たんだろう。おばあさんはお孫さんになくなった場面見せたんだろう。

筆者は客観性を保つため、冷静に被災者を見つめ、生きるためのストーリーとやや距離を置いた書き方をしている。好ましい書き方だが、紹介されたエピソードの数々は実体験に基づくのだと私は信じる。

私の場合、近親が亡くなると、必ずその直後に大きな虫をみる。蛾だったり、ゴキブリだったり、ハチだったり。いつもとっても大きい。だから、それは本人たちの最後の挨拶だと思ってる。

近親との別れは思いがけない衝撃を与える。何かにつかまらないと立てない。しかし、その支えは実は亡くなった人が差し伸べてくれるのではないだろうか。そうに違いない。

この本に出てくる人たちは一様に不思議な体験をしたことで、痛切な別れから立ち上がれるようになっている。我々はいつ惨事に巻き込まれるかわからない。こういう本は読んでおくものである。

読書感想文「賃上げ国家論」

日本総研副理事長の山田久氏が書いた「賃上げ立国論」を読んだ。働き方改革に注目が集まる折、ちょうど春闘のタイミングとも重なったこともあり、手に取った。

日本では賃上げなんて無理だろう、という空気が先にでがち。民間の労使はどうしても雇用を優先してしまうからだ。しかし、筆者はあえてそんな労使関係が逆に賃上げを阻んできたとみる。

生産性の高い事業をきちんと作って、ちゃんと従業員には賃金で報いる。それができないと、景気がよくなっても賃金は上昇しない。経済の好循環もないから、賃金は上がらないというわけだ。

成長のため、産業高度化のために賃上げを、ということだ。できない企業は市場から淘汰されるのもやむなし。次の仕事へ目を向けるほかない。

以上が簡単なまとめだが、当ブログの関心は「賃上げを誘導する第三者機関をつくれ」という提言だ。賃金に関する基礎統計を準備し、賃上げの理想的な水準を示す。さらに必要な政策も示すイメージだ。

首相が「3%上げよ」と根拠なく労使に迫るより断然説得力が出よう。労使も「出せ・出さない」「リストラ反対」と平行線の議論を交わすのではなく、日本経済全体のトレンドを踏まえ、会社の方向性や事業再構築の必要性を理解しあう場になるだろう。

こういう外部組織は、地方でも作ったらどうか。ブロック単位ぐらいが望ましいが、自治体ごとに作ってもいいはずだ。なにより好調な企業を増やし、実入りのいい個人を増やせれば、税収も増える。

経済政策を官民でもっと論じたらいいのだ。都道府県や市町村の経済政策はあまりに力不足。自治体のお金は効果的に配分しないといけない。地域の弱点を見つけ、必要な手立てを講じる。

そんな「●●県経済浮揚会議」といったものが全国にできるといい。地元経済を知る地域在住の研究者、地方銀行、地元大企業経営者、地元中小企業代表らで組織する。首長も必ず出席する。

働き場所の確保、企業の育成、輸出促進策の検討など。地元企業の実入りを増やし、住民の懐も増やす。そういう会議体があれば、ぜひのぞいてみたいものだ。

ということで、働き方改革は企業の成長力を高め、やりがいのある仕事にゆとりをもって取り組めるようにしなければ意味がない。本書から賃上げできる環境・機運ができてくるといい。IMG20200318120028

読書感想文〜逝きし世の面影

今年の年明けから、ゆっくり読み進めた本があります。渡辺京二氏の「逝きし世の面影」。いよいよ読んじゃいました。

失われた江戸・徳川文明のありようを、当時の日本を訪れた外国人の目線をたどることで浮かび上がらせている。あけすけな庶民の活気が充満している。

江戸時代というのは明確な階級社会で、農工商の人々は不自由してたんだろうなと思いきや、明るく満ち足りた生活を送っていた。

自然を愛で、動物を愛し、家族と簡素ながらも豊かな生活を送る。工業社会の強いられた生活はないのだ。役人もその一人。官が抑えつけるのではなく、地域の規律に日常生活を委ねた面があるという。

元に戻せといっても詮無い。けれども、こういう本を読むと救われる現代人は多いんじゃないかと思える。互いを大切に思い、簡素に暮らす。それで十分と思えれば、肩の力も抜ける。

追いつき追い越せでよそと比べなくてもいい。緩いながらも人々に規律を持たせるルールがあって、その範囲で自由に暮らす。わずらわしくとも暮らしやすい。

逝きし世のよさというのは、たくましく、楽しく生きる人々の活力といえようか。自然に発生する責任感が紡ぎ出す社会。地方もそう、会社もそう。なんとなく、何にこだわって生きるといいか、見えた気がする。

読書感想文~貧困と闘う知

今年のノーベル経済学賞受賞者であるエスター・デュフロ氏の「貧困と闘う知」を読んだ。なぜ受賞したのか、開発経済学のいまを知りたかったからである。

デュフロ氏の肝は様々な実証実験を通じて、できるだけ人々の行動を正確に把握し、政策に生かそうというところにある。人体実験をやるわけにはいかないが、奇妙な人間の行動に即して政策を作ろうというわけだ。教育支援の在り方やマイクロファイナンスのくだりは非常に勉強になった。教育はただお金をばらまくだけではだめ。教員のやる気を引き出しているか、生徒が着実に知識を身につけているか。人間はずるしたり、貧困のために落ち着いて勉強できなかったり、隠れた障害を丁寧にあぶりだし、取り除こうとしている。高利貸しはそれだけであこぎに感じるが、個人がそれを受け入れて借り入れているのなら、むしろ貸し手がいることのほうが大きいということを知った。

さて、ここで問うべきは地方分権である。汚職をなくさないことには貧困もなくならないというわけで、貧困地域では地方分権が必要と訴える。政治家を身近で直接監督できるのが大きいわけだ。コミュニティの連帯意識は生活上の難点を取り除くのに役立つ。一方で、地方政治家が居座れば、圧政という形で新たな弊害を生む。何より重要なポイントとして指摘されるのは「参加の枠組みを形成するルールの細部を考えることだ」という。女性を増やせばいいというものでもない。実効性のある地方政治を作るには、地域の意見が反映される仕組みを整えておかねばならないということだ。

開発経済学の本から日本の地方分権を考えることになるとは思わなかった。ただ発展途上国でも日本でも、地方分権が意味するところは同じなのだ。身近な地域のことは地域の人たちで決められる仕組み、納得しやすい選択を導く体制を整えるということなのだ。日本だと地方議会がだいぶ住民から遠い。日本の地方分権はせいぜいマンション理事会で機能している程度ではないだろうか。自分たちの地域のことを自分たちで話し合って結論を出す。もしくは地域の代表にきちんと地域の先行きを決めてもらう役を果たしてもらう。それは国レベルの政治とはまた別のことになる。

住みやすさの向上も貧困の解消も、取り組み方は同じ。科学的な要素を入れて、少しでもいい選択をする。人間の心理にまで踏み込んで、丁寧に地域の最適解を探るべし。デュフロ氏の主張は日本の地域のありようを考えるうえでも非常に役に立つ。さすがはノーベル経済学賞である。




IMG20191121201213

読書感想文〜ルーズベルトの死の秘密

この連休に読んだ本がホントにおもしろかった。戦争指導者として知られるルーズベルト元米大統領の体調に関する考察。偶然、図書館でみかけて手にとったのだが、訳者まえがきから引きずり込まれた。先の太平洋戦争は日本国内の問題、アジアとの関係でしかみてはいないかというのである。確かに大学で戦前の米国との関係から日米関係を学ぶべしという授業を受けたこと、思い出した。

筆者は米国がどんなスタンスで第二次世界大戦に臨んだのか、そして最後の最後、戦争終結の判断は大国・米国のトップリーダーが正常でない状態で下したのではないかと問題を設定し、歴史に迫る。最晩年のヤルタ会談。極めて抑制的なタッチながら、スターリンの独断を阻止しえなかった主因にルーズベルトの病躯を挙げている。戦後レジームが米国大統領の不調により決定づけられたとみる。

FDRのポリオ後遺症は知っていたが、これほど多くの病気に蝕まれ、しかも、最晩年は本当のところがよくわからないままになっているという点に驚かされる。皮膚がん、心臓疾患、前立腺がん。筆者は丁寧な取材で最期に迫る。側近たちは隠しおおせたといえるのかもしれないが、仮に秘することが大統領の意思であっても、これからは許されないという教訓を見事に描き出している。

訳者あとがきも非常に勉強になる。歴史修正主義への戒めを丁寧に指摘している。ときの政治情勢で過去にふたをしてはいけないということだ。天皇制を敷く日本と違い、米国での大統領に対する聖域近い扱いへの理解も深めるよう求めている。訳者は、自国の歴史をひもとく際も、幅広い視野をもち、謙虚に事実を見つめる姿勢を持つように呼び掛ける。

日本では、大平首相や小渕首相が現職総理のまま死去したし、安倍首相も一度、体調不良を理由に退任したことがある。国のリーダーの健康について、極めて重要という認識を日本人は持っていると思う。しかし、それを教訓として生かしているだろうか。不測の事態への備えはあるか。メディアの監視の目は行き届いでいるか。常日頃からのチェックが肝要である。
IMG20191104163955
ギャラリー
  • 都知事選、現職圧勝に透ける思考停止
  • ふるさと納税判決、地方税制再考のとき
  • 首長3人辞めた広島の地方政治
  • ふるさと納税、政府批判で終わらせるな
  • 映画感想文「Fukushima50」
  • 読書感想文「未来の地図帳」
  • 自治体こそ銀行を選別せよ
  • 読書感想文「日本史の内幕」
  • お笑い都知事選、選挙公報の無駄遣い