自治体のツボ

地方分権ってどうでもいいことなんでしょうか

地方自治・地方行財政・地方創生…地方のあれこれを取り上げます

東日本大震災

映画感想文「Fukushima50」

ひっさびさに映画館で映画鑑賞。見ておきたかった「Fukushima50」に行ってきました。平日都心の館内、密にあらず。快適に見れました。面白かった。

50を全面に出しているから感動ドラマ。ケン渡辺はさすがだし、佐藤の男臭い演技も堪能した。津波や爆発は映画らしい迫力があってよかった。

が、どうしてものめり込んで泣くとはいかない。無能な東電、無責任な経産省、無力な官邸と、人為的なミスに憤りを禁じ得ないから。

このあたりのだめなトライアングルは「太陽の蓋」のほうが皮肉っぽく、こちらはやや抑えめ。佐野史郎の総理はそっくりだが。

映画でも触れていたが、2号基がなぜ爆発しなかったかがわからないのもモヤモヤを残す。奇跡が起きたと結論づけてはいけない何かがあると思う。

想定外は起こりうる。それが原発事故の教訓だろう。吉田所長の手紙に語らせた「人間の慢心」。自然を甘く見た慢心。そこを肝に銘じねば。

東日本大震災に関連するものはできるだけ触れたいが、さぁ泣いてと言われても泣けない。ルポやドキュメンタリーをじっと見る方がいいかもしれない。

にしても、9年たってもまだ日本人にはやり残しの宿題があるように思えてならない。新しい地平も拓けていないし、過去にけりもつけられていない。

なんとなく過ぎてしまう時間。そしてなんとなく癒やされてしまう。コロナ危機もそうやってなんとなく消化されていくのだろうか。
IMG20200629154247

映画「太陽の蓋」ににじむコロナ危機

無料動画配信の話の続き。「太陽の蓋」を見た。福島原発事故の直後、首相官邸の緊迫をドキュメントタッチで描く。官邸詰めの記者が舞台を回す。

菅元首相がツイッターで6日まで公開と告知していて存在を知った。2時間10分の本編を1時間30分に編集し直したバージョンという。

だいぶ知れ渡ったが、当時の東電の責任感のなさ、官邸の狼狽ぶり、まさに映像にするとこうなるのであろう。東電は呆れるほどの当事者能力の欠如をあらわにする。

首相らも欠点を含めよく再現している。元首相自身が周知しているので、多少割り引かねばなるまい。描き方が苦悩するリーダーっぽい。これがイラ菅?でも、官邸の混乱した空気はうまく伝える。

情報もなく、起きたことを次々処理するだけの官邸。専門家もろくに役に立たず、官僚も学歴だけの無能ぶりを露呈する。危機に際して、あまりに無力な政官民を描き出している。

寺田学役からは、正確な情報があれば、的確な政治判断ができたのでは、との示唆があったように思う。「撤退ありえぬ」のやりとりをみると、当時の判断の正当性をにじませたようにも思える。

あれ、これって、いまの官邸といっしょ?専門家に振り回され、官僚もトンチンカン。政治はかっこよさを取り繕うが、国民は付いていかず。危機管理の能力って上がってないのかもしれない。

政治も官僚も生半可な知識を持っていると障害になる。かといって、日本は専門家をどこまで信頼できるのかがよくわからない。政官民学が危機に直面して、自己都合を横において連携する空気がない。

いつになったら、そういうことができるようになるのだろう。リーマン危機、原発危機を経てのコロナ危機。まだ過去の経験は生きず、右往左往しているようにしか見えない。
IMG20200512200605

復興達成宣言、しないといけなかったのか

さて、年度末である。平成31年度末であり、令和元年度末でもある。コロナでとんでもない年度末になったが、1年前だったら、代替わりもどうなったことか。

さて、名取市が復興達成宣言を出したとの報道があった。唐突だと思ったが、市役所のホームページをみると、年度末に出す方向だったらしい。

今回はハードの整備が終わったがゆえの宣言であり、ソフト面で被災者の心のケアなどにはあたっていくという。

それでも、なんとなく腹落ちしない。被災者は納得しているのだろうか。復興に終わりはないと言ってくれたほうがいいのではないか。

逆に区切りをつけたいという人もいるだろう。いずれにしろ、市は宣言など出さないで様々な被災者と寄り添うといったほうがよかったのではないか。

市のアピールとしか聞こえない。震災復興部も廃止するという。仕事がなくなったのならいいと思うが、宣言は必要だったのか。

政府追悼式典をやめるのもいい。本当に思いのある人が集まればいいから。でも、復興達成という市で思いは集約できるのか。

こういうセンシティブな問題で目立とうとするのは感心しない。浮かれてるように見えるし、数字ありきのようにも見える。

名取市といえば、仙台空港に閖上。空港は民営化を果たしたが、閖上周辺のまちづくりなんていよいよこれからではないのか。

たぶん政府が「復興完了!」って言ったら、猛反発を食らうだろう。そこは想像力を発揮できるか。市民が良ければそれでいいことなのだが。
20140426_204955

読書感想文「魂でもいいから、そばにいて」

東日本大震災にちなんだ本を読みたいなと思い手にとった。前も見たような気もするが、文庫になってちょうど手頃な感じ。津波で家族を失った人たちの不思議な体験をまとめた珠玉のルポだ。

突然、元気だった近親を失うのは辛い。覚悟ができていないから。だから、こういう形で、ひとりでも多くの人が折り合いをつけて、前を向こうとしているのは立派なことだと思う。

亡くなった子供さんの家庭でNゲージは本当に勝手に動いたんだろうし、お兄さんは妹さんに挨拶に来たんだろう。おばあさんはお孫さんになくなった場面見せたんだろう。

筆者は客観性を保つため、冷静に被災者を見つめ、生きるためのストーリーとやや距離を置いた書き方をしている。好ましい書き方だが、紹介されたエピソードの数々は実体験に基づくのだと私は信じる。

私の場合、近親が亡くなると、必ずその直後に大きな虫をみる。蛾だったり、ゴキブリだったり、ハチだったり。いつもとっても大きい。だから、それは本人たちの最後の挨拶だと思ってる。

近親との別れは思いがけない衝撃を与える。何かにつかまらないと立てない。しかし、その支えは実は亡くなった人が差し伸べてくれるのではないだろうか。そうに違いない。

この本に出てくる人たちは一様に不思議な体験をしたことで、痛切な別れから立ち上がれるようになっている。我々はいつ惨事に巻き込まれるかわからない。こういう本は読んでおくものである。

震災9年④鮮やかな虹かかる

東日本大震災から9年。もともと9年という数字の区切りの悪さから、今年の報道は抑え気味になるんじゃないかと思ったが、新型コロナウイルスに追いやられたような感じだ。落ち着いて震災のことを考える空気はなかった。

政府主催の追悼式典は首相官邸での献花式に終わった。政府関係者はまばらに座り感染予防。でも、報道陣は密集。なんじゃこりゃ。首相挨拶もいまだに復興五輪。もう少し現実的にやったほうがよかった。

今年の報道は「人が帰らない」がメーンだったか。4万7千人がなお避難というが、この人たちに被災地に戻ってというのは酷なんじゃないか。震災前と比べる時期は過ぎたのではないか。いまいる人で生活が成り立つか考えたほうがいいように思う。

福島の原発被災地はようやくこれからだ。帰還困難区域が一部解除されたばかり。即座にまちが戻るわけではない。メディアは「震災前に戻す」という目線で語ってるのかもしれないか、「少しずつ、できるところから戻す」でいいはずだ。

戻さなくてもいいのでは、という議論もある。だが、それではあまりに住民に悪い。荒れ地になるだけだ。やれるところまではやる。被災者の希望にはできるだけ沿う。そのあたりのきめ細かい対応が問われる。とくに福島は。

福島中央テレビの夜の森駅周辺のニュース映像をみた。美容室の奮闘もあって少しずつ元の生活を住民が戻していく様子を丁寧に描いた。駅のツツジは根元を残したので、また芽吹き始めているという。一歩ずつ歩むというメッセージが伝わってきた。

そして11日。被災地ではあちこちに虹がかかったという。NHKなどの映像をみたが、とってもきれい。人の思いはつながる。被災地の外の人間は外から願うしかない。なにかできることはないか、考え続ける。そこを強く思った。単なる感想文でした。
20140806_113803

震災9年③追悼式典の中止、やむなしだが

東日本大震災からきょうで丸9年。亡くなられた方にお悔やみを申し上げたい。被災地の平穏と安定を願っています。

さて、今年は政府主催の東日本大震災追悼式典が中止になった。新型コロナウイルスがまん延期に入るかの瀬戸際だから、休校にまでしている以上やむを得ないことではある。

被災地選出の野党議員が反発していたが、「いま言ってもなあ」と思ったので、政府のコロナ対応には疑問があるものの、納得はできる。

地元市町村はやればいいと思う。クラスターにならないよう万全の配慮がなされるべきだが、あれだけの人が亡くなったのだから悼むのは当然だ。

献花のみもあり。福島県は5人でやるとか。テレビや新聞も盛んに報道するから、震災の記憶、亡くなった方への思いはいくらでも新たにできよう。

ただ他の地域では、避難訓練も中止になったりしているようだ。それはちょっともったいない。コロナのやつめ。

政府がすべきことは、首相や大臣が被災地に入り、被災地の報道を増やすことである。政治パフォーマンスだが、映像が流通するならやるべきだ。

そのかわり。あほな首相補佐官は首相の後ろに立たせるな。あれこそパフォーマンス。首相と復興相だけでよい。進次郎なら功労者だからいいが。

記憶が薄れるとか風化の懸念というが、大して思いのない人まで引き込もうとしても無理。思いのある人はあんな地震、忘れられようはずがない。

式典中止を機に関係の薄い人の脱落はやむなしと考える。知り合いと連絡を取るとか、現地行くとか。気持ちの表し方はそれぞれでよいのでは。
IMG20200307150055

震災9年②3月の復興カレンダー作ってみた

このタイミングになると、東日本大震災の被災地が気になってくる。関連報道も日増しに増えている。ただ今年は新型コロナウイルスの感染拡大で、政府追悼式典が取りやめになりそうだ。来年の丸十年はがっつりやりますから、ということか。

それでも今年は今年で復興が前進する。そうだ、復興カレンダー作ろう!

2/29 旧女川交番完工&大槌吉里吉里地区記念碑
3/1 三陸沿岸道久慈北道路開通
3/4 福島県双葉町で帰還困難区域一部解除
3/5 福島県大熊町で帰還困難区域一部解除
3/6 映画「Fukushima50」公開
3/11 東日本大震災から丸9年、政府追悼式典中止
3/11 J-WAVE特番で藤巻亮太が「大地の歌」発表
3/14 JR常磐線全線開通、三陸鉄道一部再開
3/15 第4回復興祈念駅伝「南相馬から浪江へ」
3/18 「震災と未来」展(日本科学未来館)
3/20 三陸鉄道全線開通(釜石・陸中山田)
3/20 五輪聖火到着式、無観客か(空自松島基地)
3/26 聖火リレー、Jヴィレッジから出発
4/1 震災遺構「荒浜小」再開

うーん。まだまだ、ありそう。それにしても、追悼式典が思いっきり縮小されるなど、コロナが恨めしい。ほかにも中止・縮小を強いられたイベント多いのではないか。

双葉町も大きな一歩だとは思うが、なかなかもとには戻らない。それでも、少しずつかわる被災地となんらかつながるしかないだろう。

こういうカレンダーをみて、被災地にお金を落としに行こうと思う人、増えますように。
IMG_20190502_164907

震災9年①三陸復興道路を使い込もう

もうまもなく東日本大震災から丸9年。メディアも震災の振り返りと被災地のいまを改めて伝え始めている。先週と今週のNHKブラタモリは三陸特集。

恋し浜でロケし、リアス式海岸の謎を解析。なるほど、三陸北部より南部にギザギザが集まる理由がわかった。断層と破砕帯がカギなのね。勉強になる。

この沿岸部、三陸鉄道に注目が集まるが、じつは道路もすごい。仙台から八戸までの359キロ、復興道路としてつながる。来年度末の完成が期待される。

財政的にどんどん道を延ばすのはどうかと思うが、ないのも大変。岩手は内陸と沿岸が寸断されると、助けにいけない。安全安心のための道路である。

あす2月24日には気仙沼中央と気仙沼港が、3月1日には侍浜と久慈北がつながる。少しずつ前進。なんでもいいから、お祝いイベントで元気づく。

道路批判は、使われればかわせる。とにかく開通後にみんなで使うこと。観光、医療搬送、産業振興。住民と自治体に意識してほしいことだ。事故やクマ出没、高齢者逆走でニュースになるのは避けたい。

道路を使う仕掛けも重要だ。有名人を呼んでのイベントや、観光地や美味しいものを巡るバスツアーなど。「造ったぞ、さぁ使え」は最悪。「こんなこと、やるよー、集まれー」が道路政策にもいる。

とにかく使い込んで磨きをかけてほしい。あまり使いすぎると消耗するけど。でも、それが迅速な復興、息長い地域振興につながる。全通まであと4分の1。完成後の地元の企画力に注目したい。
IMG20200222140642

もしも避難所が快適すぎたら

去年、台風が来たとき。私の親戚は早々と避難所に出向いたそうだ。すると、後から後から人がきて、すし詰め状態に。壁際をとれたから背もたれになって楽だったが、大変な思いをしたという。

食べ物も余裕があれば、多少持っていったほうがいいと聞いた。すごいことにならないと非常食も出てこないだろうし、すごいことになればすぐには出てこない。背もたれのない真ん中というのも過ごしにくい。

うちも何かあって逃げろとなったら。まずは学校の体育館だな。小学校の訓練の一環で1回泊まったことがあるが、体育館って暑いし、床が硬いんだ。冬は寒い。トイレも校舎まで遠い。

食べ物はいつ配ってくれるのかな。水は。コンビニまで遠い。というより、災害時はコンビニも閉まっちゃうだろうな。スマホの充電はもつかなあ。家族と連絡とりあえないと面倒だな。

阪神大震災25年を画した記事をみていたら、避難所の整備が大事だと気付かされたのも阪神の教訓なんだとの指摘があった。しかし、快適な避難所なんてそうそう用意できるもんではない。

毎日新聞はベッドをもちこめないという話を紹介していた。日経新聞ではダンボールの仕切りなど簡易な避難所生活グッズを紹介していた。自分の住むまち、そんな準備はできているんだろうか。

何日住んでも大丈夫。ここならじっくり先のこと考えられる。そんな快適な避難所が増えれば、被災者の不安やぶつけようのない怒りも少しは和らぐのではないだろうか。でも。

そこに集まった人たちの自制というか、相手への思いやりも欠かせない。日ごろから見知った人ならいいけど、知らない人ばかりだと難しい。

「贅沢言うんならホテルいけよ、勝手に」と言われそうだ。滞在期限を設けるのは難しいだろうが、さっさと出てってくれと思われるところもあろう。

自治体だけの仕事ではないが、避難所生活の質というのは日常ではなかなか思いが至らない。発災後、しばらくの間、被災者が快適に暮らせる環境というもの、こんな体裁でこのぐらいのものは備えるといった基本形のようなものは、もっと議論すべきかもしれない。
IMG20200104120240

被災地が競う手作りの追悼式典

東日本大震災からまもなく丸9年。政府が政府主催の追悼式典を来年の丸10年でやめると公表した。ここで区切りというのは理解できる。政府に追悼の気持ちがなくなるというわけではない。被災地に関係をもった人なら、亡くなられた方、大変な被害へ思いを持ち続けるはずだ。

気仙沼市長のコメントを新聞でみたら、現地の追悼式典に政府要人らが手分けして出てくれればよい、としていた。大臣だから行くというのでなく、関係のある人が東京その他から集う。そんな意味ある集まりができたらいいだろう。

式典で何か述べるのはゆかりのあるタレントでもいい。発災後に炊き出しやボランティアをやった人を招けば、いま現地で過ごしている人も喜ぶ。地域のお祭りも披露するとか、11年目の追悼式典は各地の工夫で型通りでない、特色ある式典ができればいい。

テレビや新聞は当日の風景で番組や記事を作りたいと思う。だから、政府主催の式典でなくても、現地でやりますよーとお知らせしておけば、全国ニュースにもなる。そうやって1年に1回、被災地のことを考えるような環境ができればいい。そうして、みんなでゆかりのあるところ、行きたいなと思うところで、参列させていただきましょう。

一方で、もう静かにして、と願う人もいるかもしれない。しっかり黙祷して、亡くなった人に思いを寄せるだけでいいという人もいるかもしれない。準備に手間もかかるから、政府とともに式典はやめるとの判断もあっていい。そこは地域ごとの熟議による。

風化は阪神大震災の被災地でも悩みのひとつ。人が入れ替わる以上ある程度やむをえない。でも、教訓は残っているはず。それをどう継承していくか。外に向けて発信する機能が大事になる。それは追悼式典でなくても、普段から意識しないといけない。
IMG20200102140922
ギャラリー
  • 都知事選、現職圧勝に透ける思考停止
  • ふるさと納税判決、地方税制再考のとき
  • 首長3人辞めた広島の地方政治
  • ふるさと納税、政府批判で終わらせるな
  • 映画感想文「Fukushima50」
  • 読書感想文「未来の地図帳」
  • 自治体こそ銀行を選別せよ
  • 読書感想文「日本史の内幕」
  • お笑い都知事選、選挙公報の無駄遣い